蒸気タービン発電設備

発電設備の優れた代替案についてのご提案

エリオット蒸気タービン発電設備は、信頼性と効率の面で優れており、従来よりも費用対効果の高い発電設備をご提供できます。エリオットが個別設計する蒸気タービン発電設備は、再生エネルギー用途やグリーンエネルギーへの取り組みも含め、最大50 MW以上の予備または常用電力を供給できます。

エリオットグループは米国環境保護庁が主催するCHPパートナーシップ(Combined Heat and Power Partnership)のメンバーです。CHPパートナーシップとは、コージェネレーション装置の利用を促進することによって、アメリカ国内の発電における環境改善に努めるプログラムです。

 

 

 

 

 

 

 

エリオットの蒸気タービンは新規納入品に限らず修理・改造品に対しても、API 611やAPI 612、米国電気工業会規格(NEMA)のSM-23およびSM-24などの各種工業規格に準拠します。直結型誘導発電装置もご用意しております。

エリオットの蒸気タービン発電設備は、以下に示すような様々な工業、商業分野で使用されています。

● 化学 石油化学 ● 医療センター
● 蒸留 ● パーム油
● 食品加工 ● 大学
● パルプ製紙業 ● 矯正施設
● 製糖工場 ● バイオマス
●  地熱 ●  主要金属

 

エリオットの通常供給範囲には、以下が含まれます。

● 単段 多段の蒸気タービン ● 制御装置      
● ベースプレート ● 潤滑油コンソール
● ギア ● スイッチギア
● カップリング ● コンデンサ
● 同期または誘導発電機