ボイルオフガス向けエリオット圧縮ソリューション

LNGの貯蔵と輸送の効率を最適化する

埋蔵量が豊富で低コスト低炭素の燃料であることより、天然ガスは一躍脚光を浴びるようになりました。 天然ガスが世界のエネルギー市場において大きな役割を果たすにつれ、液化天然ガス(LNG)の貯蔵と輸送に効率的でより優れた手法が求められてきます。

LNGを低圧で液体状態に保つためには、極低温が必要となります。 このプロセスには、ボイルオフガス(BOG)の処理が切り離せません。LNGの貯蔵や輸送では、周囲温度の影響でLNGの温度が上昇し、蒸発あるいは沸騰します。LNGが気化し膨張するとタンク内圧が上昇するため、圧力を安全なレベルに維持するためにボイルオフガスを取り除くこと必要となります。ボイルオフガスは、ボイルオフガス冷凍コンプレッサを経由し、貯蔵タンク、ボイラ、パイプラインなど利用目的に応じて再圧縮されます。エリオットのボイルオフガスコンプレッサの効率を確実に高くするため、エリオットの可動インレットガイドベーン(AIGV)装置が極低温域でも質量流量や圧力を精度良く効率的にコントロールしています。